先輩の声 山口

福岡教育大学 教育学部 国際共生コース

今どんな仕事をしていますか?

主に橋梁点検業務を行っています。
安全で円滑な交通の確保のため、安全性に影響のある損傷を早期に見つけることを目的としています。具体的には、ハンマーで叩いて コンクリート面に浮いているところがないか、ボルトが緩んでいるところはないか、といったことを実際に自分の目で確認しています。
例えば、橋のひび割れを下から見て損傷の状態を場所や方向、長さなどで判断するわけですが、ある程度の構造知識がないと説明できません。
それだけ経験を積むことでより正確な判断ができる仕事だと思います。

印象に残った仕事は?

入社2年目に、初めて主担当として橋梁点検業務に携わり、発注者との打合せから始まり、現地立入り日程の調整、地元警察や自治会長 さんとの協議など、最初から最後まで担当者として責任をもって完了させることができた時はホッとして「自分も成長したな~」 と感 じました。 当社の仕事は元請け業務になるので、単に作業をこなすというよりも目的を完遂する責任を大きく感じたことで仕事のヤリガイにもつながりました。

入社のきっかけは?

前職で派遣社員としてハザードマップを作成する会社に勤めていて、デスクワークと現場作業が半々の仕事が自分に合っているなと感 じていました。 その当時担当していた業務の元請けとして来ていた当社の測量調査部の方から誘われ入社を決意しました。
現在の業務も、現場で調査・点検をして社内で書類作成をおこなうことを繰り返す仕事でメリハリを持って進めることができます。
やはり、現場作業とデスクワーク半々の仕事は最高!

当社を自慢できることは?

常に新しいことにチャレンジさせてくれる所です。
初めての業務でもとりあえずやってみろと肩を押してくれる環境がとても魅力的です。新しい事も積極的に取り入れ、社員にやらせてくれる という当社の自慢できる社風でもあります。最近ではドローンを飛ばして災害現場の撮影を行いました。

先輩の声